サラリーマンが株を始めて稼ぐには?

サラリーマンの株式投資副業の始め方・稼ぐ方法について紹介します。

 

バブル崩壊以降、妻・子供など家庭を持つサラリーマンの1ヶ月あたりのお小遣いが激減・・・

 

日本の全盛期・黄金期と呼ばれた1980年代後半の半分ほどになっていると言われています。こうした中、世の日本人サラリーマンは後輩に飲み代をおごることも間々ならない状況に追い込まれているようです。

 

若い頃に諸先輩方にたくさん奢ってもらった経験を持つだけに、「情けない」、「悶々とする」など格好がつかないと嘆く、男性会社員も・・・

 

なんとか、お小遣いを引き上げようにも、家計苦しく自分だけ贅沢できる環境ではない人も多いと思います。そこでリーマンショック以降の長引く不況の中注目され始めたのが「株式副業」でした。

 

ある程度、株の商材などで儲ける知識を付けることは必要ですが、少ない金額で大きなリターンを期待できるのが魅力で、副業で株を始めるサラリーマンも多いのです。

 

従来の株式投資副業の問題点

 

サラリーマンが株式投資を始めるということは普段は会社に行って仕事。休日に株式投資をすると思っている人が多いようです。

 

しかし、残念ながら多くのサラリーマンが休日である、土日・祝日は株式を取引する市場が開いていないのです。しかも、平日の取引できる時間帯も東証の場合で前場9時~11時半、後場12時半~15時までととてもサラリーマンが取引できる時間帯ではないはずです。もちろん、勤務時間に株式取引・トレードする訳にも行きません。それが原因でFX(外国為替証拠金取引)に流れる人も少なくないようです。

 

実は株取引は十分副業できる

 

上記の説明を見る限り、株式投資は副業に適していないように思えますが、実はサラリーマンでも平日の市場が開いている時間帯に仕事しながら、自動で取引することができるんです。

 

結構知らない人が多いようなんですが、株の注文方法はあらかじめ、買いたい値段と売りたい値段を設定することができるため、画面の前にいなくても、勝手に取引が成立するのです。

 

サラリーマンが株を始めるには

 

サラリーマンが株を始めるには証券口座を作る必要があります。口座開設しておかないといざという時に稼げる取引チャンスを逃してしまいますので・・・

<スポンサードリンク>

サブメニュー