投資先の銘柄候補

 

株取引開始するには投資対象となる銘柄を決める必要があります。

 

株初心者の失敗で多いのは投資候補を何十銘柄など多数にしてしまい、銘柄情報を上手く把握できていないパターンが挙げられます。

 

ベストの投資候補銘柄数は

 

ベストの投資対象とする銘柄の個数は資金力や経験力によって異なりますが、株を始めて3ヶ月くらいは5銘柄に絞ることをおすすめします。

 

投資対象の幅を広げて100銘柄など多くの銘柄を候補に入れても、普通の資金力では結局投資することはできないでしょう。

 

濃い内容の情報を把握するためにはできるだけ対象とする株銘柄を絞るのが得策だと思います。

 

普通に考えて5銘柄であれば、初心者でも簡単に企業情報やニュースを把握出来るはずです。これは銘柄を絞るメリットと言えるでしょう。

 

常に最新の情報を把握することが、株式投資で稼ぐためにポイントの1つになりますので、「浅く広く」よりも「深く狭く」がおすすめ。

 

慣れてきたら5銘柄以上に投資対象を増やすことも1つの手ですが、あまり多くしすぎないのが投資のコツです。

 

株有料情報ランキングへ進む

<スポンサードリンク>

サブメニュー