会社の時価総額

 

時価総額とは会社の価値を表すものです。

 

時価総額が高いと会社はたくさんお金を持っていることになり、

 

逆に時価総額が低いと言うことは会社あまりお金を持っていないことになります。

 

とは言うものの上場して会社ですので、普通の中小企業と比べれが大金を持っていることがほとんどなのですが・・・

 

まず最初に知ってもらいたいのは市場で取引されている株価ですが、

 

これは1株あたりの値段であって、株価が高いから会社の価値が高いという訳ではありません。

 

私自身も株式投資を始める前は会社の規模が大きい会社の株価は高いと勘違いしていました。

 

実際に時価総額を見る時は会社が発行している株式の枚数×株価となります。

 

つまり株価が低くても発行枚数が多ければ時価総額は高くなるということです。

 

例えば・・・

 

A社の場合1株あたり1万円で発行済み株式数が1万株の場合

 

1株1万円×1万株=時価総額1億円となります。

 

B社の場合1株あたり100円で発行済み株式数が200万枚の場合

 

1株100円×200万株=時価総額2億円となります。

 

この例題ではB社はA社の2倍の価値があることになります。

 

このように株価が低いからと言って時価総額も低いとは限ません。

 

ちなみに会社の発行している株式を全て購入すれば100%会社の権利を得ることができます。

 

また東京証券取引所では時価総額に分けて「大型株」、「中型株」、「小型株」に分類されます。

 

 

以上「時価総額とは?」でした!

 

株の始め方へ進む

 

取引できる時間へ戻る

<スポンサードリンク>

サブメニュー