株の取引時間帯

株の売買は24時間いつでもできる訳ではありません。

 

基本的には取引所(市場)が開いている時間でなければ株を買ったり、売ったりすることはできないのです。

 

東京証券取引所を例に見ると午前中は9時から11時半まで、

 

午後は12時半から15時までとなっています。

 

お昼時間の11時半から12時半までは取引することはできません。

 

また、土、日、祝日、年末年始では東京証券取引所は開いていませんので取引することはできません。

 

但し、証券会社がサイトのメンテナンスをしていない限り、注文の売買は24時間いつ出しても大丈夫です。

 

通常ですと、株取引できる時間帯は平日で上記の時間になります。

 

株の専門用語に説明をすると、取引所が開いている時間を「」と呼び、

 

午前中の株取引時間を「前場(ぜんば)」、午後の株取引時間を「後場(ごば)」と言います。

 

前場の最初の株価を「初値」、後場の最期の株価を「終値」と呼びます。

 

年末の最期の取引を「大納会」、新年の最初の取引を「大発会」と呼びます。

 

 

以上「株の売買できる時間」でした!

 

時価総額とは?へ進む

 

低位株の始め方へ戻る

 

<スポンサードリンク>

サブメニュー