会社の借金

 

 

借金”というと日本人の感覚ではあまり良い印象は持てないでしょう。

 

しかし、投資先を判断するうえで、借金は意外と材料になることもあります。

 

実は会社が借金をすることはそれほど悪いことではありません。

 

なぜならその借り入れたお金で事業をすることで収益を出すことができるからです。

 

もちろん、常識はずれな莫大な借金を抱えている会社は危険です。

 

だが、本当に注目しなくてはいけない点は借金の金額ではなく、

 

借金による収益の利回りや、その借金の返済がいつ終わるかをチェックすることです。

 

借金をすることを悪いことだと思いがちですが、利益を出せる事業をしてればなんら問題はありません。

 

しかし、あくまで返済できる会社を選ぶことが先決であり、リーマンショックなどの予期せぬ事態で起こった時で、

 

対応できる金額が望ましいと言えるでしょう。

 

参考にする指標としては「株主資本比率」と「ROE」を見れば、

 

会社の借金が多いか少ないかの判断と成長力を見ることができます。

 

 

以上「会社の借金」でした!

 

労働組合の強い会社は避けるべきへ進む

会社の借金記事一覧

労働組合の強い会社は避けるべき労働組合とは労働者の持つ権利であり、雇用者と労働者の間で労働契約を交渉する、会社の組織のことです。なぜ労働組合の強い会社を投資先から外すべきかというと、労働組合の強い会社では、不況で業績が悪化しても、雇用者側が退職金や年金など社会保障のレベルを下げることができないため、指標ではわからない債務が増え、実は会社の経営がピンチになっているケースがあるからです。その他にも、組...

<スポンサードリンク>

サブメニュー