自社株買い

 

 

自社株買いとは会社経営者のポケットマネーで自らの会社の株を購入することです。

 

基本的に自社株式の取得を実施する会社の株には期待できると思います。

 

その理由は述べます。

 

会社経営者はお金持ちが多いが、自社の株を買うというのはそれなりのお金が必要です。

 

大金を投資する訳ですから、それなりの覚悟も必要になります。

 

また購入し、株価が下がると自社株買いを行った経営者は多額の損失を出す可能性があります。

 

つまりは、会社経営者が個人投資家と同じ目線になり、

 

自分の会社がこれから成長する自信があり、見込みがあるからこそ、

 

自社株買いをすることができるのです。

 

個人の投資家でもそうですが、成長する見込みのない会社に投資したいと思いませんよね?

 

経営者にとっても同じことが言えます。

 

その結果、会社経営者が自社株買いを行うと通常は株価上昇につながることが多いです。

 

伝説の投資家ウォーレン・バフェットも「自社株買いする会社は良好」と判断するし、購入することがあるそうです。

 

自社株買いする会社の株は買いと言えるでしょう。

 

 

以上「自社株買い」でした!

 

ストックオプションへ進む

 

労働組合の強い会社は避けるべきへ戻る

<スポンサードリンク>

サブメニュー