株の売買するタイミングとは?

 

チャートで売買のタイミングを見極める上で必ず知っておきたいのは「移動平均線」です。

 

移動平均線とは過去の一定の期間の価格を平均した折れ線グラフにしたものです。

 

その一定の期間により、短期線(一週間くらい)、中期線(3ヶ月くらい)長期線(半年くらい)に分かれます。

 

*期間は様々です。

 

つまり株を売買した人たちの分岐点を知ることができるのです。

 

証券会社のサイトなどでチャートを見ると何本か細い線がありますよね?

 

その線が移動平均線なのです。

 

ではチャートについて解説して行きます。

 

チャートとは株を買う人と売る人の激しい戦いの末、株価が上がったり、下がったりするものです。

 

何年か分の過去のチャートを見れば、急激に上昇したり、暴落していたりとあると思います。

 

チャートには会社の物語がたくさん詰まっているのです。

 

チャートにはいろいろな方程式があり、ロウソク型も代表的なもののひとつです。

 

これらは優秀な科学者や研究者によって方程式が誕生したもので、これからも増える可能性があります。

 

全てのチャートを理解するのにはとてつもなく時間がかかってしまいます。

 

そこで最初に説明した比較的簡単な「移動平均線」を使って分析して見ましょう。

 

まず注目してほしいのは移動平均線の向きです。

 

株価がどう動くか予想するヒントになります。

 

移動平均線が上がっている場合、「買いたい」人が殺到している状態を表しています。

 

買いたいという人が日に日に増えていることがわかりますね。そうなると株価が上がる確率が高くなるわけです。

 

逆に移動平均線が下がっている場合「売りたい」人が先行していることがわかります。

 

こんな感じで今まで気にしていなかったただの線を理解することで、今後の株が「上がるか」「下がる」かを予測する材料になるのです。

 

 

 

 

以上「株の売買するタイミングとは?」でした!

 

ゴールデンクロスは買いのチャンスへ進む

 

指標の有効利用へ戻る

 

 

 

 

株の売買するタイミングとは?記事一覧

まず初心者投資家がはじめに行う売買は大多数で「買い」ではないでしょうか?もちろん私もはじめて株式投資の売買する時は「買い」からでした。「今が株の買い時」がわかるのゴールデンクロスです。これは長期の移動平均線を短期の移動平均線が下から突き抜けることをさします。だからなんなの?って私は最初、ゴールデンクロスに重要性を感じていませんでした。しかし、ヤフーの掲示板などでたびたび出現するワードだったので、ち...

株式を売る・・・「株を購入したからには利益を出して売りたい」「買ったときより株価が下がると売れない」これらは投資家の心理としては普通なのかもしません。しかし、毎回勝ち続けるのはほぼ不可能と言われているのが投資の世界です。時には損失を出す決断と覚悟も必要なのです。「もっと株価が上がる!」となかなか欲を出して売れないなんて方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?売りのタイミングを見極めるのは至難の業...

投資先の銘柄候補株取引開始するには投資対象となる銘柄を決める必要があります。株初心者の失敗で多いのは投資候補を何十銘柄など多数にしてしまい、銘柄情報を上手く把握できていないパターンが挙げられます。ベストの投資候補銘柄数は?ベストの投資対象とする銘柄の個数は資金力や経験力によって異なりますが、株を始めて3ヶ月くらいは5銘柄に絞ることをおすすめします。投資対象の幅を広げて100銘柄など多くの銘柄を候補...

<スポンサードリンク>

サブメニュー