株主優待権利

配当や株主優待をゲットするには?

 

 

「 配当金 」 「 株主優待 」を得るために知っておきたい3つの基本的用語の説明をします。

 

 

権利確定日

 

 

配当金や株主優待の権利をもらえる権限が確定する日

 

 

権利付き最終日

 

 

権利確定日の3営業日前に購入しないと権利を得られない日です。
配当等の権利がほしい人は権利確定日の3日前までに購入する必要があります。

 

 

権利落ち日

 

 

権利を得た権利付き最終日の翌営業日のことです。
権利落ち日以降なら売却しても権利を得られます。

 

 

ポイントをまとめてみました。

  • 配当や株主優待を得るには、権利確定日に株主名簿に自分の名前が載っている必要があります。
  •  

  • 権利確定日は大体の銘柄は月末です。。
  •  

  • 株主名簿に載るためには権利確定日の3営業日前(権利確定日から数えて4日目)までに株を買っている必要があります。権利確定日の3営業日前を、権利付き最終日と呼びます。
  •  

  • 権利取最終日の翌営業日のことを「権利落ち日」と呼びます。
  • 株主優待目当ての人はこの日で売却することが多い。

     

  • 権利付き最終日から権利落ち日にかけて株を持ち越すと、配当金や株主優待の権利が得られる。

 

 

 

 

 

 

24日

25日

26日

27日

28日

29日

30日

31日

営業日

営業日


権利付き


最終日



権利


落ち日


営業日

休み

休み


権利


確定日


 

つまり最短の期間で権利を得るには権利確定日の3日前までに買って、権利付き最終日の翌日(権利落ち日)に売ればいい訳です。

 

以上「株主優待の権利」でした!

 

一般口座と特定口座の違いは?へ進む

 

株リスクへ戻る

 

 

<スポンサードリンク>

サブメニュー