株にかかる税金

株税金(上場株式)

 

 

配当金を受け取った時

 

株主が受け取る配当は配当所得として課税されます。

 

注意してもらいたいのは公社債投資信託の収益分配金などは利子所得になりますので、配当所得とは異なります。

 

 

株式を譲渡とした時

 

株式の譲渡益については、平成25年12月31日までの譲渡は、所得税7%・住民税3%の合計10%で課税されます。

 

 

 

 

確定申告の対象者とは?

 

 

ほとんどの会社員等の給与所得者は、勤務先の庶務担当などが最終的な税額を計算し源泉徴収されそれでお終いですが、
主に下記の6つに該当する場合は確定申告する必要があります。

 

日々変わる可能性がありますので、詳しく知りたい方は国税庁のホームページをご覧になることをお勧めします。

 

①給与収入での年収が2000万を超える方(普通の会社員では滅多に超えないでしょう)

 

②給与を1ヶ所から貰っている方で、給与所得や退職所得以外の所得が20万を超える方

 

例えばクイズの賞金などです。

 

③給与を2ヶ所以上から貰っている方で、年末調整をしなかった給与所得や退職所得以外の所得の合計額が20万を超える方

 

例えば会社員として給与をもらう他にアルバイトで収入を得ている人などです。

 

④同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与以外に貸付金の利子や工場などの賃貸料などの支払いを受けた方

 

⑤災害減免法により、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた方など

 

⑥家事の使用人など給与を貰う際に所得税が源泉徴収されない方

 


また口座の種類によって、確定申告するまで手順が異なります。

 

 

 

以上「確定申告って何?」でした!

 

株で儲けた人の確定申告へ進む

 

一般口座と特定口座の違いは?へ戻る

 

 

 

 

 

 

確定申告って何?記事一覧

株で儲けた人の税金申告分離課税とは?株による利益や損失は他の所得とは合算せず、別で税金を計算することになります。これを申告分離課税といいます。しかし、株式の損失と株式の利益は合算することが可能です。それでも損失が残る場合は、配当益と損益通算することもできますし、繰り越しすることも可能です。株式投資の口座一般口座と特定口座の違いは?でも説明しましたが、株式投資をする人は特定口座(源泉徴収あり)、特定...

<スポンサードリンク>

サブメニュー