堅実の貯蓄がリスク!?

現代、終身雇用は崩壊しつつあり、昔のように会社に一生面倒を見てもらうことは難しい時代になりました。

日一生懸命働いても、給料は上がらず、逆に下がったなんて人もいるでしょう。

 

そんな今だからこそ、預金についてちょっとだけ考えてもらおうと思います。

 

現在、日本は莫大の借金を抱えており、日本国債が暴落する可能性も十分にあり得ます。

 

もしそうなった時、かつてないインフレが国民を襲うでしょう。

 

インフレの影響を簡単に説明すると100円で買えたジュースが200円出さないと買えなくなります。

 

つまり、お金の価値が半分になってしまうということです。

 

この場合、堅実に貯蓄に励んできた人がバカを見てしまう結果になります。

 

そもそも、預金をしてもその見返りの利息は多くても数千円だと思います。

 

バカバカしくありません?

 

引き出したいと思っても時間外で手数料がかかってしまうなんてケースもよくあると思います。

 

特に若い人の預金レベルでは一回の手数料を利息で取り戻すのに何年かかることやら・・・

 

気が付いていないだけで、一番安全だと思っている堅実な貯蓄でもリスクは十分にあるのです。

株のリスク

まず知ってもらいたいのは、投資の世界で当たり前ですが、

 

株は資産が減る(元本割れ)可能性があるということを認識してほしい。

 

高く買って安く売れば損失を出すことになります。

 

普通に考えると勝てる確率も負ける確率も5割くらいだと思います。

 

しかし、株について勉強し、きちんとした株の規則性がわかるようになれば、勝率7割も可能です。

 

ちなみに私は19歳の時に株をはじめたばかりの頃、

 

本屋にある株に関する本のほとんど買占め勉強しました。

 

その結果、規則性がわかるようになり、勝率が上がっていき、昨年は資産を2倍にすることができました。

 

今の銀行の低金利では50年かかっても資産を倍にすることは無理でしょう。

 

短期間で資産を何倍にもすることができるのが株の魅力の1つです。

 

 

そして私が最も恐れるリスクは投資した企業の倒産です。

 

企業が倒産すると投資したお金分だけ損失することになります。

 

しかし、上場企業はそう簡単には倒産しません。

 

2012年倒産した上場企業は何千とあるなかわずか6社です。

 

確率的にはものすごく低いのです。

 

さらに倒産する会社のほとんどは何等かの兆候があるので、早めに対処することでリスクを軽減することも可能です。

若いうちの失敗から成功へ

20代・・・できれば18歳、19歳の若い世代から株を始めるのがベストです。

 

若ければ若いほど無茶ができるし、挑戦できる。

 

株でもなんでもそうだが、コツを掴むためにはいろいろ試していかなければならいし、

 

時には危険の橋を渡ることで成長できることもあります。

 

しかし30代、40代になると多くの人が家庭を持つようになり、

 

リスクを恐れて守りに入っていまう傾向にあります。

 

さらに、50代、60代になると老後のためのお金として安全を第一に考えてしまうようになるとよく耳にします。

 

そうなると投資家として成長するのは難しいです。

 

私自身19歳で株式投資の世界に入り、最初は25万円から始めました。

 

19歳にとって25万円はかなりの大金だが、絶対に儲かる自身があったので懸けてみることにしました。

 

結果は惨敗。一気に暴落し一か月で15万円になった。

 

不幸中の幸い。投資した金額が25万円だったから、損失は10万円ですんだが、

 

これが250万円だったら、100万円の損失を出すところでした。

 

しかし、なんとしても取り返したいと思い、チャートをとことん研究し

 

、2日連続暴落している株をあえて買ってみたり、1株5円の倒産寸前の株を買ってみたりと、

 

ありとあらゆるチャレンジをしてきました。

 

その結果1年目にして25万から50万と2倍にすることができるまでに成長しました。

 

初めて株を始める人には最初の3ケ月は少額で取引するということをおすすめします。

 

最初の3カ月は練習期間だと思ってください。

 

バーチャルの株もありますが、あれはおすすめできません。

 

株は実際に自分のお金が変動することによってでしか得られないものがたくさんあります。

 

実践あるのみです。若いうちの投資での経験は大きな財産になると思うし、

 

私自身、急に今まで見なかった新聞やニュースが気にるようになりました(笑)経済にも強くなるし、

 

自己投資だと思ってぜひ挑戦してみてはいかがですか?

 

 

>>未成年口座開設はこちら<<

 

 

以上「株のリスクを知ろう」でした!

 

株失敗を避けるには?へ進む

 

ニュースを理解する株式用語へ戻る

 

 

 

株リスク記事一覧

ミニ株デメリットミニ株とは単元の10分の1から取引できる、株式投資のことです。ミニ株の最大の特徴は少ない資金で手軽に始めることができることでしょう。ミニ株から投資の練習をする人もいますが、いろいろと制限されてしまうこともあり、株ってなんだろう?と興味本位で始めるならすごく良い制度だと思いますが、株式投資を本格的に始めたいという方にはあまりおすすめできません。なぜなら、株式投資は遊び半分の気持ちで始...

2013年日本の株式市場には、多くの個人投資家が参加していて、2000年代とは大きく様子が変わってきました。そもそも株式は損をする人がいるから儲ける人が生まれる訳で、個人投資家の多くはド素人で、株で失敗する人は勉強していない人がほとんどです。それに対して、機関投資家は投資のプロであり、ものすごい勉強熱心の方が大勢います。一昔前の日本であれば、個人投資家は機関投資家の絶好の獲物とされ、勝ち残るのは難...

<スポンサードリンク>

サブメニュー