証券口座種類

口座には3つの種類があります。

 

 一般口座

 

イメージとしては銀行の普通口座と考えてください。
自分で年間の損益を計算→自分で確定申告

 

給与所得者の場合は給与所得以外の所得と株の譲渡益の合計が20万円以下なら税金を免除されます。

 

メリット→年間の株の譲渡益が20万円以下の場合税金を免除される。

 

デメリット→損益の計算、確定申告など自分で行わなけれいけないので手間がかかる。

 

 

 

 特定口座(源泉徴収なし

 

証券会社が年間の損益を計算→「年間の取引報告書」を作成→「年間の取引報告書」をもとに自分で確定申告

 

一般口座と同じく給与所得者の場合は給与所得以外の所得と株の譲渡益の合計が20万円以下なら税金を免除されます。

 

メリット→年間の株の譲渡益が20万円以下の場合税金を免除される。

 

デメリット→損益の計算は証券会社が行ってくれるため簡単だが、確定申告する手間がかかる。

 

 

 

 特定口座(源泉徴収あり

 

証券会社が年間の損益を計算→「年間の取引報告書」を作成→証券会社が利益から税金を徴収し税務署に納める→確定申告不要

 

株の譲渡益の合計が20万円以下でも税金を徴収されます。

 

 

メリット確定申告の手続きがいらない。

 

デメリット→株の譲渡益の合計が20万円以下でも税金を徴収されるから資金面で不利になる。

 

 

初心者おすすめ口座ランキング!

 

*特徴をまとめました。参考にご覧ください。

 

 

口座種類

損益計算

確定申告

税金の免除

(年間の株の譲渡益20万円以下)

特定口座

(源泉徴収あり)

必要なし

必要なし

×

特定口座

(源泉徴収なし)

必要なし

必要あり

一般口座

必要あり

必要あり

 

 

初心者に圧倒的におすすめなのは特定口座(源泉徴収あり)です。損益の計算をする必要がなく、確定申告が不要のため手間がかかりません。

 

株の譲渡益が20万円以下の場合でも税金を納めないといけませんが、確定申告の手間と比べれば大したことはありません。

 

ある程度上級者になってから、特定口座(源泉徴収なし)や一般口座を選択することをお勧めします。

 

 

 

以上「一般口座と特定口座の違いは?」でした!

 

確定申告って何?へ進む

 

株主優待の権利へ戻る

<スポンサードリンク>

サブメニュー